とんかつorドン勝

お世話になっていますスタッフ石川です。

 

昨日、約2週間ぶりにPCを起動してゲームをしました。

プレイしたゲームは以前紹介した、PUBGです。

このゲームで1位を取ると特別な勝利メッセージが表示されます。

 

“勝った!勝った!夕飯はドン勝(か)つだ!!”という言葉が出てきます。

英語版だと

“WINNER WINNER CHICKEN DINNER!”と表示されるらしいのです。

この言葉は昔のカジノのブラックジャックで使われていた決まり文句らしく、引用ですが、

  • WINNERとDINNERが似たような発音であること
  • アメリカでは七面鳥が縁起物なので祝いの日にターキーを食べる習慣があること
  • 当時のブラックジャックでは最低賭け金が$2で、カジノやホテルのレストランのチキン定食の値段が$2であったことから、プレイヤーが勝った時にディーラーが賞賛の意味を込めて送る言葉だった

らしいです!

このチキンディナーが日本人が縁起で食べる「とんかつ」や「カツ丼」ではなく「ドン勝」になったのか。

英語版で「winner」と「dinner」で掛けているように、日本版でも「かった」と「カツだ」で掛けて、上手く事翻訳しようとした結果「ドン勝」という食べ物が生まれてしまったのか・・・。

 

PUBG開発元の韓国では、韓国風のとんかつを日本風とは区別して「DONKATSU」と(韓国風は薄切り肉を使い、デミグラスソースのかかったもの)いうそうですが、誤訳と知りつつ“ドン勝”にしたんですね!

ちなみに“ドン勝”という言葉を日本の特許庁に出願したそうです!!

 

かなりマニアックな内容ですが、ドン勝という言葉がここまで深い意味だと自分も知りませんでした・・・。

皆さんはとんかつorドン勝?

 

スタッフ 石川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。